ISM調査事務所



パートナーの度重なる浮気に悩まされている方は多いと思います。

また、確信が無くても何となく怪しいなぁと疑惑を持っている方もきっとたくさんいるでしょう。
そんな相手に浮気を踏み留まらせる一言があったら便利ですよね。
今回は、そんな浮気心に釘をさす一言をご紹介します。

パートナーの浮気・不倫に気がついた場合、パートナーに知られないように
探偵に相談することが問題解決への近道です。

あなたを信じているということを伝える

「私はあなたのこと信じてるから」
「あなたが浮気するような人じゃなくてよかった」
「(テレビや雑誌と見ながら)こんなことする人、実際にいるんだね」
今まさに浮気しようとしている、悩んでいる相手には効果的な一言です。
浮気をするということは少なからず、パートナーへの罪悪感を感じているものです。
そんな相手から信じていると言われれば心が揺らぎますよね。これで浮気を未然に防ぐことが期待できます。

ISM調査事務所

浮気した場合の末路を予告しておく

「浮気は法律違反だよ」
「浮気したら別れる」
「浮気したら慰謝料を請求する」
「浮気したら両親、会社にも報告する」
浮気した場合の代償を先に提示しておくことで、その行為がいかに自分に不利益なものであるか、もし浮気をしてしまった場合、自分にどれだけの損害が出るかを考えさせることで浮気を抑止することができます。

中には「言ってるだけだ」と相手にしない場合もあるかもしれませんが、もしも本当に浮気を見つけた場合、先に予告していたのですから、承知の上での行動を見なすことができ、堂々と浮気の代償を払ってもらうよう請求することができます。

 

ISM調査事務所

注意!個人で調査をお考えの方へ

浮気現場の尾行、張り込みは対象者に見つかるリスクが非常に高い

相談者本人、その知人、友人が変装したところで顔も知られていますし、素人の尾行ではすぐに見抜かれてしまいます。
もし、調査対象者に見つかってしまったら、それ以降は浮気現場を抑えるのが困難になり、さらには、夫婦関係が今以上に険悪になったり、修復困難になることもあり得るため、個人の調査は控えたほうが賢明です。