【驚愕!】浮気が遺伝と関係があるって本当!?

総合探偵社TS
経験と丁寧な調査・サービスは大手と比べても決して見劣りせず、依頼者のことを本気で考えている姿勢が随所に見受けられます。
  1. 夫婦カウンセラーが在籍している
  2. 低料金・高水準な調査能力
  3. 調査状況のリアルタイム報告
  4. アフターケアが徹底している
>>今すぐ無料相談メール

インターネットの時代になって、人と人のコミニュケーションは、大きく変わりました。

特に「出会い」は、なにも『出会い系』に限らず、SNSやコミニュケーションサイトの発達で、革命的に変化したと言っても過言ではないでしょう。

当然ながら、男女間でも同じことで、それはとりもなおさず、「浮気」のキッカケが増えていることに他なりません。

FaceBookなどをやっている方なら、突然、忘れたような同級生なんかが、突然「友達候補」に上がっていて驚いた経験もあるのでは?

もし、それが初恋の相手であったなら?

誰だって、会ってみたい…と、思うことでしょう。

それは誰にも責めることはできません。あるいは貴方だって。

 

問題は、その「キッカケ」から、どのように進展するかです。

悪いことに、大人の男女であれば、ベクトルはそう多くありません。

そのひとつが、ありていに言ってしまうと「浮気」です。

つまり、SNSやコミニュケーションサイトの普及に伴い、着実に「浮気」の種は増えている、ということです。そしてこの傾向は、ますます上昇すると見ていいでしょう。

少々ショッキングな「浮気」率

増加傾向にあるのは疑いもない事実として、ではどれだけ「浮気」しているのでしょう?
ここに、けっこうショッキングな結果が出ています。
もちろん、そんなことを総理府が調べたりしませんから、公式と言えるかどうかは分かりませんが、なんと、

  • ♠男性:56%
  • ♥女性:77%

ちょっと、一概には信じがたい結果です。
特に女性の77%という数字には、誰もが驚かれることでしょう。

この結果は、Webサイトの調査ながら、サンプル数は、5670名(20-40歳の女性対象)と、十分すぎるほどです。

ただし、Webサイトの調査であれば、「ネットをやっている」女性が対象ですから、前述のように出会うキッカケには恵まれていることにはなりますが。

それでも、逆に「ではネットをやっていない女性とは?」と問われると、20歳代から40歳代には、ほとんどいらっしゃらないでしょうから、ある程度の信憑性があります。

男性よりも女性の方が多いのは、ネットの出会いの場合、「断る」権限のほとんどを女性が握っているからでしょう。

人間はもともと「浮気する」動物?

少し頭を冷まして、冷静に考えると、浮気の定義を「伴侶以外の異性と性行為におよぶ」とした場合、日本が一夫一妻制であるため、浮気があるとも言えます。

一夫多妻、もしくはその逆であった場合、行為自体「浮気」にはなりません。

言い訳がましくなりますが、生物学的に考えると、それは「ごく自然な行為」とさえ言うことができます。

雄(男性)は、自分の子供ができ、遺伝子を残すことが叶うと、次の遺伝子を残すための行動に出ます。
そうでなければ、子供ができたと同時に、性衝動自体がなくなってしまうことになります。

一方、雌(女性)は、やはり、次の子孫には、さらに優秀な遺伝子を求めます。

ご存知でしょうか。
女性は、キスした時に、相手の男性の免疫能力を測ることができるそうです。
もちろん数字ではなく、相手の免疫能力が高く、遺伝的に遠いほどに、あまくウットリするようなキスになるのです。
自分の子供とキスしても、異性間とのキスのようにならないのは、このためと言われています。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で、主人公のマーティーが若い頃の自分の母親(リー・トンプソン)と出会い、キスするシーンで、母親が「あなたとのキス、なんか弟としてるみたい」って言いますね。

まさしくアレです。

実によくできているのです。

「浮気」が困るワケ

逆に、女性・男性ともに、自分の遺伝子を残そうとした伴侶が、他の遺伝子を受け入れることをよしとしません。

これが「浮気」に対して腹が立つ「生物学的な理由」でもあります。

極端な話、ファミリーを形成するライオンなどは、他の遺伝子を継ぐ子供ライオンを全て殺してしまいます。

それほど、自分の遺伝子を残すということは、重要なことなのです。

 

さらに、人間の赤ん坊は、自立するまでに、かなりの時間を要します。

それを「遺伝子の欲求」に任せて浮気し放題では、さすがに家庭は崩壊、満足に育たない子供が多発してしまいます。

日本の場合、庭に出ればバナナがある、というわけにはいきませんから。

一定の経済活動を行い、子供に教育を施し、きちんと社会人になるまで育てなくてはなりません。

社会学的に見ても「浮気」は許されないのです。

自分で解決できない場合は探偵事務所へ

ネットの発達は、出会いのキッカケが増えただけでなく、「巧妙な連絡がとれる」ようにもなりました。

ありていに言ってしまえば、「バレにくくなった」ということです。
これも、浮気増加の傾向に拍車をかけているひとつの要因と言っていいでしょう。

多くの浮気は、バレにくくなりましたが、相手の浮気も発見しにくくなった、ということですから、浮気される側にするとヤッカイです。

連絡をとっているであろうスマホは指紋認証になったり、かんじんのメールのやりとりはパスワードでガッチリ守られていたり。

昔のように、手帳の名前を「男の名前にしてある」といったレベルではありません。

ただし、最終目的である「行為」まではパスワードはかけられませんから。

必ず接触があるはずです。

 

むろん、それを自分で四六時中見張ることは不可能でしょう。

誰だってそうです。ならば、「外部委託」すればいいのです。

総合探偵社TS
経験と丁寧な調査・サービスは大手と比べても決して見劣りせず、依頼者のことを本気で考えている姿勢が随所に見受けられます。
  1. 夫婦カウンセラーが在籍している
  2. 低料金・高水準な調査能力
  3. 調査状況のリアルタイム報告
  4. アフターケアが徹底している
>>今すぐ無料相談メール
電子書籍:シタ夫威迫マニュアル完成しました!
電子書籍:シタ夫威迫マニュアル完成しました!

<目次>

  • 合理的に浮気を判断する方法
    (なんとなくを確信する方法、心理学で判断、など)
  • 浮気問題が発覚したら今すぐ行う2つの事
    (ほとんどのサレ妻がやらない重要な行動)
  • 個人情報をハッキングで暴く
    (メールアドレス、カカオトーク、Facebook、LINEなど)
  • おまけ:社会的信用を潰す方法
    (悪用厳禁な復讐方法)

>>無料ダウンロードはこちらから

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

浮気をきっかけに捨てられた、捨てた、あなたはどちらを選びますか?

パートナーの浮気を円満に解決したいと思ったとき

浮気には【気づかないふり】をしたほうが幸せ? 本当の幸せを掴むには!?

遠距離恋愛、単身赴任...距離が離れると浮気の危険性が増える!?

その浮気疑惑【勘違い】で済まそうとしてない?浮気の真相を探るには!?

浮気の証拠になるものを持っていますか?証拠がなければ何もできません。